女性のための保険(女性保険)トップ

スポンサードリンク

女性のための保険(女性保険):新着情報

女性保険(がん)

<<女性保険・がん>>



日本人の死因の第1位はなんと!? 「がん!」


がんは、

1980年に脳血管疾患を抜いて死因のトップとなり、

以降も急速に増加しています。

その背景には高齢化社会があります。

なぜならがんは「細胞分裂での間違い」と言えるために

寿命が長くなるほど間違いを起こす機会が多くなるからです。

2004年、がんでなくなられた方は32万人と

およそ3人に1人ががんで亡くなられています。

これが、2015年には、現在300万人いるがん患者が

540万人程度まで急増するといわれ、

2人に1人ががんで亡くなるとされております。

( 東京大学医学部附属病院放射線科助教授 緩和ケア診療部長 

中川恵一 著:「ビジュアル版がんの教科書」より)


女性保険のがん保険は、

このようながんと戦う際に必要な備えとなる保険で、

一般的な入院保険と比べて入院日数に制限がない保険が主流です。

また最近は、

健康お祝い金がでたり、診断給付金が何度も支払われたりと、

各社各様の保険が発売されています。



<<女性保険を選ぶ時の注意事項>>


万が一の時に備えて、がん保険の加入を検討する際、

あなたにあった保険商品選びが大切です。

●保険料で比較する。

●保険期間で比較する。

●解約返戻金で比較する。

●入院給付金で比較する。

●診断給付金で比較する。

●通院保障で比較する。

●死亡保険金で比較する。

例えば、

<アフラック>

アフラックは、32年前に日本初のがん保険でスタートしました。

アフラックは生きている間のリスクに備える保険に特化。

診断給付金はもちろん、

アフラックの21世紀がん保険メディカルチェックプラスは

「手術」「先進医療」「通院」など、がん治療を幅広くサポート。

さらに、3年毎に「健康支援金」が、支払われます。

今、一番選ばれている

(平成18年版「インシュアランス生命保険統計号」より )


<アリコジャパン>

新しくなったアリコのがん保険は、

頼れる大型のがん診断給付金を、2年に1度を限度に、

何度でもお支払いする安心の保障を加えて登場。


まずは、資料請求して、じっくりと比較検討する事を

おすすめします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。